引き出物でもらって嬉しいものとそうでないもの

結婚式に出席することになると、招かれたゲストはお祝いを持っていくことになります。

会費制などでは会費を払うだけになるのですが、通常は結婚式や披露宴に出ることになると、
お祝い金をご祝儀として出すことになります。新郎や新婦とどのような関係にあるのかによっても出すお祝いの金額は違うのですが、一般的には3万円くらいを目安に考えておきます。

招いた新郎や新婦はゲストに対して会場で豪華な食事を振る舞ったり、手土産になる引き出物を用意したりすることになります。

食事の相場としては1万2千円くらいから1万5千円くらいになるのですが、引き出物はその3分の1程度の金額のものを用意します。

最近は結婚式の記念品としての意味あいが強くなっています。結婚式で記念品としてもらう引き出物でもいろいろなものがあります。ゲストとしてもらうことを考えると嬉しいものやもらっても困るものなどがあります。

できることなら普段から使うことができるようなものを選ぶともらう側もありがたいと思うことでしょう。

引き出物として嬉しいものとしては、やはり誰もが好きなものを選ぶことができるカタログギフトが根強い人気ですが、それ以外にもこだわりの高級ブランドの品物なども自分ではなかなか購入する機会がなかったりするので好印象になります。

それに対してあまりうれしくないものとしては、名前入りのものであったり、持ち帰るのに重くて苦労するものなどを挙げることができます。

近頃はゲストによっても贈り分けをすることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です